ベストの新築一戸建て探し

ベストの家づくりは、三軒住んで初めてわかるとはよく言われるもの。

とはいえ、3軒の家を売買する人は全体数としても少数派でしょう。

住んでみないとわからないというのが、良い家とそうではない家の違いなのでしょうか。

新築一戸建てを買うのが初めてという人も、実家の建物との違い、祖父母宅との違い、一人暮らしをしていた賃貸物件との違いなど、それなりに人生経験があるとはいえ、いざ買うとなると、予算、ローンの返済額、大きさや場所の希望、パートナーや同居する両親などの希望、子ども部屋や通学の利便性など多くのチェック項目に悩むもの。

理想は高く持っていても、予算が追い付かないという最初の家の購入では、どこをあきらめて、どこはゆずれないのか、それなりに整理して考える必要もありそうです。

新築一戸建てにこだわるのならば、その条件は譲れないということになります。

新築一戸建ての良さは、プライバシーが保てるところ、庭があって、子育て世代には理想的な住環境を提供してあげることができる点、マンションと比較して、自分の持ち物としてのマイホームを堪能できる感覚がある点でしょうか。

一方、マイナスに感じられる点は、自分で全てのメンテナンスを行うため、コストがかかるところ、首都圏では、駅近の物件を探すのが難しいエリアもあること、建物が建てこんでいるところでは、マンション以上に近隣の人への気遣いが必要なことも。

マイホームを予算内で買うとして、物件探しは妥協と譲れないものを確認しんがら、納得のいく物件探しをしたいですよね。

特にいい物件はすぐに決まってしまいますから、早めに目をつけておきたいですよね。

新築一戸建ての物件情報が豊富にあるサイト(例:https://maisuma.jp/)で情報収集してみて、気になる物件があったら早めに不動産屋さんに問合せてみてはいかがでしょうか。